いよいよ今年も…

今年も今月を残すだけとなり来年の足音が聞こえてまいりました。

去年より寒さが厳しく感じられる今日この頃、先日には白いものがちらほらと舞い

「雪!?」とテンションが上がったのを覚えています。みぞれでした。

 

最近友人と忘年会の話をしてる時にどんどん一年が早く終わっていくなぁ~という話をしました。

自分は一ヶ月が短く感じるようになりましたが一年はすごく長く感じる、、そんな気がします。

人によって一日が短かく感じたり一時間が長く感じたり、時の感じ方にもいろいろあるようで、、、気にしてみると面白いかもしれません。

 

葬祭展のご報告が遅れましたがこちらで報告させていただきます。

当日、晴れてはいたものの、気温も低く強風もありと良い天気ではありませんでしたが

人形供養祭をはじめ、祭壇・返礼品・料理など葬儀関連商品の展示をご覧頂いたり

弁護士による法律相談・事前相談等々を行いましたところ大勢の皆様にご来場いただき無事に開催することができました。

皆様にはご来場、お人形をお持ちいただき誠にありがとうございました。この場をおかりしまして御礼申し上げます。

また来年も皆様のお役に立てるようより一層精進して参ります。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

えぼし岳登山

11月3日の創業日近くになると毎年榛名湖半にあるえぼし岳に登りに行きます。

 

 

 

 

 

えばし岳頂上より

 

 

爽やかな秋晴れで少し紅葉も始まって絶好の登山日和!

榛名湖は観光客で賑わっていて会社行事という事をうっかり忘れてしまいそう…

標高1363メートル頂上にある加護丸稲荷様を目指して、

途中険しい場所も皆で登りきりました。

お稲荷様にて日頃の感謝を捧げ、ますますの発展を祈願してきました。

えぼし岳頂上より榛名湖を眺望できます。

下山後は湖畔のセゾン・ド・はるな様で

榛名湖を眺めながら

おいしい料理を堪能!

 

 

 

 

 

また来年も元気で登れる様頑張ります。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

夏も終わり…

秋が涼しい風を運んでくる今日この頃…

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

最近、秋の寒さのせいか仕事を終えて帰宅すれば眠くなるし、

運動すればすぐ息切れしてしまう、、、体力の衰えを感じています。

何より悲しいのが、お酒の量が減ってしまったことです。

規則正しい生活をしていれば、まだまだ、うなぎ昇りの年齢(?)ですが

仕事上遊びに行くのが夜中心なので。

しかし、改めて亡くなる方が、自分よりはるかに年配の方だと考えてみると

まだまだ自分はこれからなんだなと思いました。

 

この先どれだけの葬儀に携わっていくかわかりませんが

納得・安心・満足の行く葬儀を施行していく為に頑張る所存です。

 

そしてまた、明日の活力の為に…お酒を頂きます。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

仏教の歴史を学ぶ

先日、雑誌「一個人」(2012年9月号)にて日本仏教の歴史について

丸一冊書いてあるものを購入し、読み進めています。

仏教というテーマでの歴史として見るだけでも面白い内容ですが、

仕事上の絡みで見ても面白いものでした。

何でこの宗派の方はこんなことを言うのか?みなたいなところが

成り立ちや歴史まで分かる気がしてきます。

自分の家が檀家となっている寺はどこか?

また、その成り立ちを知っておくだけでも今後のことに役に立ちそうでした。

知ることの大切さを改めて感じた一週間でした。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

新盆(あらぼん・にいぼん)

7月お盆の地域では今日はお盆の入りですね。

当社の地域は8月お盆なのであと1ヶ月です!(一部地域は7月です)

皆様準備はお済みですか???

 

その前に「新盆」とは??

8月(7月)13日~16日までを「お盆」といってご先祖様が帰ってくると

言われ供養する期間です。

大切な方を亡くされ、忌明け後はじめて迎える盆を

「新盆(あらぼん・にいぼん)」と言います。

故人が仏になって初めて里帰りするということで丁寧な供養を行います( -人-)

新盆を迎えるにあたっては、仏壇・仏具を清め精霊棚(しょうれいだな)

「盆棚」を作ります。

 

当社でも「新盆」を迎える方の準備をお手伝いさせて頂きます。

供養に来て下さった方へのお礼の品の手配や供花のご予約を承っております。

盆棚の飾り方は?お盆には何を用意するの?といったご相談も受け付けています。

当社では盆棚・盆提灯も展示しておりますし、

線香・ローソク・仏具各種取りそろえておりますので

お気軽にご来店下さいませ(^∇^)

 

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

着々と…

6月と言えば、一般的には衣替えの季節ですが

葬儀社である当社では通年スーツであります。

 

では、当社での6月と言えば?

こちらの準備が始まります↓

新盆の準備です。本日盆棚をお店に飾りました!

大きさや柄、材質を目で確認できる様に盆提灯と弓張提灯の見本も飾ってあります。

 

ぜひ、お越し下さいませ   ^∀^)ノ

詳しくは、えぼし葬祭のWebページをご覧下さいませ。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

『バイクツーリング』

暖かい春の日射し、バイクの季節がやって参りました。

昨年は早めにシーズンオフ、暖かくなるのを心待ちに。もちろん真冬でも乗っておられる方も

たくさんおられますが、前から寒さにはめっぽう弱くのですが自分には『無理して乗って転けたら』とかなんとか言い訳を

して正当化し毎年暖かい春を迎えます。ツーリング走行中は仲間とは話しなどできず黙って

(中にはインカムなどで話してる人、大声で歌っている人もいますが)走っています。黙々と走り目的地まで行き帰ってくる。

また会話は休憩の時のみですが、走っている間は並んで走る自分の位置を考えたり、後ろから来る仲間がついてきてるか?

個人的にはコーナーを楽しみにしたり排気音を楽しんだり?など、、意外に考えています。

仕事中でも似た感じがあります、指示を出すのにも大きな声では出来ないので身振り手振り、視線などでだす事で

こちらの指示を理解し行動できる。仲間を信頼しているからできる、、、出来る様になるには時間が掛かりますが。

 

たくさんの目でお客様に目配せをして求めている事は何かを読み取りより良いサービスを提供していけるよう日々努力をしています。

 

 

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

まだまだ、朝晩は寒いですが日中はだいぶ暖かく春を感じる日

も増えてきました。

まだ桜は咲きませんが、入学式には間に合うといいですね。

4月8日は『花まつり』と言い、お釈迦様がお生まれになった日です。

お釈迦様は『天上天下唯我独尊』(この世の中で、みんなそれぞれかけがえのな尊い存在であり、かけがえのない尊い命である)

とおっしゃいました。

『花まつり』は、生きとしいけるものの命を尊ぶ日です。民族や宗教えを超えて、

この世に生まれてきたことをともに喜びお祝いしましょう。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

ボルダリングに行って

先日、友人と休日が合いボルダリングに行ってきました。

 

ボルダリングとはフリークライミングの一種でロープや道具を使うことなく

手足だけで壁をよじのぼるスポーツ。簡単に言えば室内等で行う”崖登り”。

 

普段から体を動かしているので体力には自信がありましたが、ボルダリングは想像以上に疲れるスポーツでした。

自分の体重は思っている以上に指先に負担が掛かるし、落下してしまうんではないかという恐怖心は

次のポイントを掴む手を躊躇させてしまう(〃゚д゚;

そしてしばらく登っていると、不思議なことに恐怖心が薄れ…

体が軽くなりスイスイ登れる様に!?

これが『クライマーズ・ハイ、ランナーズ・ハイ』なのでしょうか?

 

自分1人の世界に入るということは、こういう事か!!と思いました。

ボルダリングがなぜ今、流行っているのかも何となくわかる気がしました。

 

よく『趣味を持て』と言われるが、趣味を持っている人達は【ハイ】になれる

この気持ちを知っているからだろう。

 

何かに集中できるのは良いことだと実感できた一日でした (-∠-  )

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

不思議な道具

会社の倉庫の中には変わった品物が色々あります。

その一つに竹で編んだ籠のような物??、、私が入社してからは全く触れたことがありません。

『これは何?何時どんな時に使うのだろう?』気になっていたのですが、

日々の忙しさに紛れ、忘れ、ふと思い出す・・・。

ある日の午後、それを払拭する好機が、来ました。

上司に『これは何ですか?』とうとうこの言葉言う時がやってきたのです!

長い間、気になっていた不思議な籠の正体を知る瞬間が・・・

『それは花籠だよ』と、、、

 

『花籠????』

 

10年以上前には使われていた”葬列”の道具???との事。

葬列とは昔、棺を自宅からお墓まで移動する列の事らしい。

銘旗・灯籠・先旗・生花・弓矢・松明・杖・香箱・写真・・・など順番に並び列をなして進みお墓へ

故人との関係で誰が何を持つかも決められていたらしい(地域によっても違うそうです)

そう、私が見たのは【花籠】で竹で編んで作ってあります。

昔、これをお手伝いの方々が色紙等で装飾し上に付いている籠の中に

硬貨と花吹雪になる色紙を入れ、葬列中に撒きながら進みます。撒いたお金は周りの方々が拾うそうです。

今と昔では、葬式の形式も大きく変わってしまい、昔ながらの風習もなくなってしまっているのだと実感しました。

今を生きている人たちの便利さか、故人を思う供養の気持ちか・・・。

どちらも選ぶ事は出来ないのかもしれません。

 

これから何年かしたら・・・葬儀はどのように変わっていくのだろう・・・?

昔ながらの風習を残していくのも私たちの仕事の一つなのかもしれません。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]