ボルダリングに行って

先日、友人と休日が合いボルダリングに行ってきました。

 

ボルダリングとはフリークライミングの一種でロープや道具を使うことなく

手足だけで壁をよじのぼるスポーツ。簡単に言えば室内等で行う”崖登り”。

 

普段から体を動かしているので体力には自信がありましたが、ボルダリングは想像以上に疲れるスポーツでした。

自分の体重は思っている以上に指先に負担が掛かるし、落下してしまうんではないかという恐怖心は

次のポイントを掴む手を躊躇させてしまう(〃゚д゚;

そしてしばらく登っていると、不思議なことに恐怖心が薄れ…

体が軽くなりスイスイ登れる様に!?

これが『クライマーズ・ハイ、ランナーズ・ハイ』なのでしょうか?

 

自分1人の世界に入るということは、こういう事か!!と思いました。

ボルダリングがなぜ今、流行っているのかも何となくわかる気がしました。

 

よく『趣味を持て』と言われるが、趣味を持っている人達は【ハイ】になれる

この気持ちを知っているからだろう。

 

何かに集中できるのは良いことだと実感できた一日でした (-∠-  )

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です