今年の旅

洞爺湖サミットの報道も下火になったがその一ヶ月位前に
同ホテルに宿泊して来たので、なつかしく興味をもって見入っていた。
当時も物々しい警備がしかれていて感心をかけた。
一大イベントだったのだ。

その帰路、函館で偶然にも立寄った土方歳三、石川啄木記念館で
小栗公(小栗上野介中順)の肖像画が略歴符と共に
展示されているのに出会った。
ここになぜと感動した。
土方歳三(新撰組副長)に影響を与えた一人として紹介されていた。
奇しき縁に小栗様を埋葬する東善寺(高崎市倉渕町権田)に注進した。

今年の旅は標高のある山に登ることが多い。
日本も広いよ、厚いよ、未だ知らないことがいっぱいある。
昭和一けたの最後も七十四才になる。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です