祖父

祖父が大正末期の不況のさ中、糧を求めてはるばる、
そして志ならずして客死した。

その所在が見つかったのが昭和五十年頃、
家内の夢枕に埋葬地らしき鬱蒼とした
林の中の風景がたびたび出て来て気持ち悪がったので
今市近在のお寺にその消息を電話でたずねた。

偶然、赤門の寺の住職様によって過去帳に記載されているのが発見された。

感激した。

死者の記録が又、生者のための証であることになる連綿と続く
血脈のなつかしい臭を感じ、涙した。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です